コラム

紅葉深まる秋の庭 子どもと外遊びを楽しもう!

晩秋の庭は落ち葉やどんぐりなど、子どもが興味を持つ楽しいアイテムでいっぱいです。大人にとっても、昔、木の実を拾ったり焼いもをしたりしたなあと子どものころを思い出すきっかけになるのではないでしょうか。親子で楽しめる秋の外遊びをご紹介します。

落ち葉を集めよう

秋のお庭には落ち葉がたくさん!モミジやカエデなどの赤い葉っぱ、イチョウの黄色い葉っぱなどカラフルな葉っぱを集めてみましょう。
同じ種類の木でも、植わっている場所や日当たりによって色が違います。いろいろな色や大きさの違う葉っぱを集めて、落ち葉の顔を作ってみましょう。アフリカの魔除けマスク風の顔など、出来上がってきたおもしろい顔を見て楽しめるでしょう。
そのほか、子どもにもみじを使った天ぷらなどがあることを教えてあげると、さらに落ち葉に興味を持つかもしれません。
また、落ち葉を踏みしめたときのカサカサという音や、枯れ枝のパキッと折れる音も秋ならではのもの。いつもの鬼ごっこや駆けっこも落ち葉のなかでするとまた違ったおもしろさがあります。

どんぐりなど木の実を使って工作

秋になると、どんぐりや松ぼっくり、ぎんなん、イガグリや椿の実などたくさんの種類の木の実が落ちます。いろいろな種類の木の実は、子どもはもちろん大人も童心に帰ってついつい拾い集めたくなってしまいます。拾った木の実を使っておもちゃを作ってみましょう。

どんぐりゴマ

どんぐりの上の中心部分にキリで穴を開け、爪楊枝をまっすぐ刺します。しっかり刺さったら、長すぎる爪楊枝はどんぐりの大きさに合わせて指でつまめるくらいの部分を残してカットします。誰のコマが一番長く回るか競争するのも楽しいですよ。

木のツルをリースに

ブドウやクズの木のツルは曲げるなどの加工がしやすくリースの土台にぴったり。何本かをまとめてくるっと輪にして紐や細い針金などで固定します。土台が出来たら拾ってきた木の実をデコレーションします。そのままの色を生かしたナチュラルなリースはもちろん、絵の具やスプレーなどでカラーリングすれば、おしゃれなオブジェにも。クリスマスのインテリアにもぴったりですね。

バーベキューコンロを使ってお庭で焼きいも

秋といえば焼き芋がおいしい季節。ちょっと肌寒い外で食べる焼き立てホクホクの焼き芋は絶品です。お庭でバーベキューコンロを使って焼き芋を作り、子どもと一緒においしさを味わってみませんか。

焼き芋の作り方

サツマイモは洗って新聞紙で包み、しっかりと水につけておくのがポイント。新聞紙から多少水が滴る状態でアルミホイルを2重にしっかりと巻きます。こうすると焼いている最中に新聞紙の水分が温まってアルミホイルの中で蒸気となって熱の伝わりを均一にし、サツマイモの甘さも引き出してくれます。あとは炭火の中に入れて途中でひっくり返しながらじっくり焼きましょう。サツマイモの大きさにもよりますが、だいたい30~40分で出来上がります。中まで焼けているかどうかをチェックするには、軍手をはめた手でサツマイモの真ん中をぎゅっと押してみます。ふにゃっとやわらかくなっているのが感じられたら完成です。

秋の外遊びの注意点

落ち葉や木の実には虫が付いていることも。なかには刺してくる虫もいますので、長袖や丈の長いパンツなど肌の露出を控えた服装で、手袋や軍手をつけていると安心です。
また、秋は昼夜の寒暖差が大きく昼はお天気がよくても、夕方少し日が陰ってくると急に寒くなります。上着やマフラー、手袋などを準備しておけば、寒くなってきたときに備えられます。

秋は子どもと一緒に外遊びを

紅葉も深まる11月。ちょっと寒くなってきたけれど、春や夏とは一味違う庭遊びが楽しい時季です。秋の庭には自然を学べる素材がいっぱいです。オナモミやイヌコヅチなどで遊んでいるうちに、いつの間にか服がひっつきむしだら草の実だらけになっているのも楽しいものです。子どもと一緒に新しい発見をしてみませんか。

はらっぱギャングオススメ

機体に自由にお絵かきが出来るヒコーキです。本物の飛行機と同じ航空力学を利用しているので普通の紙ヒコーキよりも良く飛びます。上手くいけば滞空時間は数十秒。公園などで思いっきり飛ばしましょう。

チェアハンモックは普通のハンモックと違い、座ってくつろぐことが出来るので、お子さんがどんぐり探しに夢中になっている姿をのんびり眺めることができます。木の枝に吊り下げるときは強度などご注意ください。

▲はらっぱギャングオンラインショップはこちら