コラム

子どもが大好きなブランコ遊びの効果をチェック

WP1605-6_10179005937

子どもたちの大好きなブランコ遊びには、体力の向上や自立心を養う効果があります。また、大人にとっても癒やしの効果があるようです。今回は、子どもだけのものにしておくのはもったいない、ブランコ遊びの効果について見てみましょう。

ブランコ遊びで子どもの体力・社会性をアップ

ブランコ遊びには、子どもの体力向上をはじめとした、さまざまな効果があります。
まず、バランス感覚を養う効果。ブランコに座ったり、立ったりすることで、体が自然にバランスを取ろうとし、腹筋や背筋、足や腕など全身の筋肉に刺激を与えます。全身を使ってこぐことで体を支える筋力がつき、平衡感覚が養われるだけでなく、自分の体をコントロールすることを学べます。
そして、どこまで高くこげるのかというチャレンジ精神とともに、これ以上は危険という感覚が磨かれるのも、ブランコ遊びのメリットです。
また、ブランコに乗るために並んで順番を待つ、独り占めせずに交代するといった人を思いやる気持ちを養い、お友達が乗っているブランコを押したり、2人乗りをしたりと、社会性を身につけるためにも役立ちます。

ブランコには癒しの効果も

揺られることによる癒し効果は、赤ちゃんのゆりかごやハンモックなどでも知られています。そして、この揺られることによる癒し効果はブランコにも期待できます。ゆったりと揺られるのはもちろん、風を切ってこぐことでも癒されて元気になれるのです。全身を使ってブランコをこぐことで無心になり、程よい運動による疲労感もあることから、大人もリフレッシュすることができます。

ブランコ遊びの注意点

楽しいブランコ遊びですが、屋外の遊具での事故件数がすべり台に次いで多いことでも知られています。子どもがブランコに乗っているときに誤って落ちてしまったり、ブランコで遊んでいるお友達に近づいてぶつかってしまったりと、怖い思いをした経験がある方も多いのではないでしょうか。
しかしながら、子どもの成長の過程ではさまざまな遊びや失敗の経験から、何が危険であるかを学ぶことが大切です。ブランコにから決して手を離さない、ほかの子がブランコで遊んでいるときには近づかないといった基本的なことをしっかりと教え、危険について学べるような環境を作りながら遊ばせてあげたいものです。

自宅にブランコを設置しよう

もし、自宅のお庭にブランコがあったら素敵ですよね。実際に自宅にブランコを設置して楽しんでいる方もたくさんいます。ハンギングチェアや2人掛けのスウィングベンチ、子ども向けの木製ブランコは、ガーデンファニチャーとしても人気があります。なお、設置の際には十分な強度と安全性の確認が必要です。

ブランコは子どもの遊びだけのものじゃない

ブランコは、きちんと注意してさえいれば楽しく遊べ、子どもの体力アップにもなります。また、大人にとってもちょっとした癒しを得られるアイテムです。今度の週末には、子どもと一緒にブランコ遊びをしてみてはいかがでしょうか。

 

harappa-gang

Leave a Comment